読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナードサバイバル

地方民がなんとか都会民ぶるために、様々なものに手を出しては捨てる。ああ素晴らしきマテリアルワールド、飽き性。

【Music】最近聴いたもの ~Untold、Gil Evans、Mount Kimbie

music

◇Black Light Spiral / Untold 

Black Light Spiral [12 inch Analog]

Black Light Spiral [12 inch Analog]

 

 今回の激推し。一聴しただけでは暴力的で無機質な印象を受けるかもしれない。退屈に感じるかも。というかこれは好き嫌いがはっきり分かれるんだろうな。

昨今流行ったトライバルサウンドやノイズミュージックなんかともリンクする内容。非常にプリミティブなハウスミュージック。絶品中の絶品です。そしてなぜか黒いグルーヴを感じてしまう。ムーディーマンやAndres辺りが好きな人にはぜひ聴いて欲しい。これがハウスなのかどうかはこれまた意見が分かれそうなところ。あくまで僕にとっては、ということで。
UntoldはJamesblake を発掘した人としても有名。ただ自身も相当な実力者。いやーやられた。
 
◇Where Flamingos Fly / Gil Evans

Gil Evans - Where Flamingos Fly (Vinyl, LP, Album) at Discogs

Amazonでは取り扱っていないみたいですのでDiscogsを。

マイルスの知恵袋、ギルエヴァンスの71年録音。M1は僕が去年ドハマりしたマイルスのネフェルティティに近いテイスト。フローラプリムも参加していたりする。白人のセンスを黒人のグルーヴで乗っていく感じ、まさにハイブリッドな良盤です。
それにしてもウェインショーターやギルエバンスなんかを聴いていると、マイルスの輝かしい功績って周囲の人間に支えられているような気がします。いやその才能をかき集められるマイルスがやっぱりすごいんでしょうけど。どの世界でも人材の良し悪しでモノの良し悪しが決まってしまうんですね。頭痛い。
僕が持っているのは日本版LPで、地図の上をフラミンゴが飛翔しているタイトルまんまなシュールすぎるジャケが、果たして本気なのかギャグなのかよくわからんのですが個人的には相当気に入っています。ここはぜひ日本版LPを。ただ71年録音なんでもしかしたら洋盤の方が音が良い時代かもしれません。カッティングにまだまだ差があった時代らしいので。余裕のある人は聴き比べてみてください。
 

 ◇ Cold Spring Fault Less Youth / Mount Kimbie

Cold Spring Fault Less Youth [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC380)

Cold Spring Fault Less Youth [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC380)

 

 1stのエッジの効いたサウンドにやられた人は相当多いはず。私的にはMount Kimbieがブリアルの正当な後継者と思っている。いやそれほどダブステップは聴いていないのですが。

そしてこの2nd。完成度は相当高い。捨て曲もない。King Kruleをフューチャーしたリードトラックが最高。この声がたまらん、というか声にかかったディレイエフェクトが素晴らしい。感情の高ぶりを見事にアシストしている。

作品全体に暖かみがあって1stよりも聴きやすい。かなりの良作。なんですが毒気が抜け過ぎてだいぶマイルドな仕上がりに。若い頃はラッキーストライクをバカバカ吸っていたが、今はマイセン吸っちゃう、みたいな。個人的にはおそらく1stの方が今後も愛聴する予感。