読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナードサバイバル

地方民がなんとか都会民ぶるために、様々なものに手を出しては捨てる。ああ素晴らしきマテリアルワールド、飽き性。

【ガジェット】Pebble Timeを使用して2年。ノーティフィケーションという名の悪魔。

かつてのPebbleはスマートウォッチの雄であった。いや今もギリギリそうかもしれない。

画面にEinkを使用した省電力設計に心を打たれつつも、当時は普段から時計をする習慣が無かったので「腕時計」というものへの関心が低く、初代は華麗にスルー。

 

 

その後奥さんからプレゼントされた腕時計を使用するようになり、「腕時計」の便利さを強く実感。

この頃から「腕時計考えたやつ天才だな」「オメガじゃなくてあえてハミルトンをプレゼントした妻情強」

などと平気で発言するようになり、「腕時計」に対する印象が180度転換する。


んで「腕時計」の使わず嫌いから脱却した頃、Pebbleは新たにPebbleTimeを開発し、Appleも「iWatch」(当時はそう呼ばれていた)を開発しているといったニュースがバンバン流れるようになり、当時iPhoneに惚れんこんでいた私は「iWatch一択だな」と思っていた。


しかし徐々に全貌が明らかになり、とんでもなく使えない子だということが判明。特に驚いたのは、バッテリー性能ですよ。


なんと1日しか持たない。


これは無いわ。じゃあJINSMEMEをかけてAppleWatchつけてiPhoneiPadもって出張行ったら

もれなく充電セットが4個必要になるなんて、もう考えただけでも「全くスマートじゃない」。

既にPSVITA初代とkindlepaperwhiteと会社支給のPCとmacbookproとChromecast、そしてiPhoneiPadを持ち歩いてリュックはパンパンなのに

「Applewatch、お前の充電セットが入り込める余地はない」


そこへきてだ。PebbleTimeのバッテリーはなんと公称余裕で1week。

カラー化したのに?もしかして世界に先駆けてのカラーEinkなの?

よって私はPebbleTimeを購入した。ちなみにAmazon並行輸入品をね。

 

 


ここまではApplewatchをパスしてPebbleを購入した理由。

今回の本題はそこじゃない。

「通知、ノーティフィケーション」がいかに危険な存在か、そのことについて書いておく。


Pebbleをはじめとしたスマートウォッチの通知機能とは、基本的にはスマホにインストールしてあるアプリの通知がダイレクトにスマートウォッチ側にも

表示される仕組みになっている。

これが一見非常に便利なようで、実はかなり厄介な存在だということに、2年かけて徐々に気付いた。

要は何も設定をしないと、何でもかんでも通知を受け取るハメになる。それが仕事中だろうが運転中だろうがだ。

仕事にいい感じで取り組んでいる最中に腕に振動がくるというのは、集中力をかなり低下させてしまうし、

運転中に振動がきて画面の情報を読み始めるというのは、命の危険に関わる。

もちろんアプリ単位で設定のON/OFFは可能だが、何百とインストールされたアプリ1個1個の通知を

誰が好き好んで設定するというのか。この選択肢はありえない。。

何が言いたいかというと「通知、ノーティフィケーション」はそろそろ次の段階へ進化する必要がある。

今の技術を使えば出来ないはずがない。


例えばモーションセンサーをスマートウォッチに搭載すればPCで作業中だということを検知して、通知を遅らせるという事もできるだろう。

運転中であればナビゲーション技術を利用してGPS情報と加速度センサーから移動速度を検知することは可能だし、タクシーとの見分けもハンドルを握っているか

いないかをスマートウォッチのモーションセンサーで検知すればいけそう。

あと本人がどうでも良いと判断した通知を学習して、通知しなくなるというのも「AI」で今後より高精度に

可能になるように思う。素人的に考えてもこれだけ思いつくのだから、いけるでしょう。


今の若者は「一体感」というものを享受するべく、常にかかさずスマートフォンを片手に持ち生きている。

まさに「通知、ノーティフィケーション」に囚われてしまった世代だ。


「通知、ノーティフィケーション」は非常に便利なものだが、今のままでは「生産性をガタ落ちさせる悪魔的存在」でしかない。若者の勉学や読書の時間を奪い、働く世代の仕事の質を低下させる。

このままでは将来的に日本の国力にまで問題が波及するに違いない。


確かに通知がきて便利な気がしていたが、その通知は本当に必要だったのだろうか。

私の場合にはほとんどの通知がどうでもいいものだった。

僕は今日よりPebbleTimeを使用することをやめ、JawboneUPに舞い戻ります。